TOP > 太陽光発電豆知識

カテゴリー: 太陽光発電豆知識

太陽光発電豆知識

アフターFIT 蓄電池はお得なの?

2019.7.21

7月21日(日)

「固定買取終了!2019年問題!」

去年から段々と、こんなキーワードが現実味を強めてきています

事実、訪問販売がよく来る、営業の電話の数が多くなったなどといった

お声をよくいただいており、「蓄電池」についてご相談いただくことも増えています

「じゃあ実際蓄電池ってお得?」

「買取終了したらどうなるの?」

といったご質問に今日は私、本田がお答えしていきたいと思います!

 

(久しぶりの顔だしです(^^;))

まずは、「固定買取終了したらどうなるの?」という質問から

東北電力管内、住宅用の太陽光発電で2009年11月から売電を開始した方

48円でこれまで売電していたと思いますが、

売電期間満了すると「9円」での買取となります。

河北新報5月31日 記事参照

 

 

つまり期間満了するとこれまでの売電額がガクンと落ちてしまうんです。

これまでであれば、グラフの左側のとおり。

年間にして172,700円分の電気のうち

29,700円分自家消費をし、11万円分の売電をして

計14万円分の経済効果を生んでいました。

つまり電気代の負担は、およそ3万円で済んでいました

 

しかし、単価9円になると

年間11万円分売電していたものが2万円まで落ちてしまいます。

これまで、負担していなかった9万円 負担が増えてしまいます

なので、電話や訪販、販売店の営業マンの皆さんは口をそろえて

「売っては損!」「自給自足の方がお得!」「蓄電池おすすめです!」

とご提案してくださいます。

ではここからが本題です。

理屈はわかったけど…本当にお得なのか!?元は取れるのか?

6.5kWの蓄電池を導入した場合と、

売電終了後、年間9万円を払い続けた場合のシミュレーションです

太陽光発電の余った電気を貯めて、深夜電力も利用して年間6万円削減

VS

売電期間満了後。増えてしまった9万円の電気代を負担し続けた場合

長い目で見た場合、15年後には、

38万円蓄電池を設置していた方がお得

という結果が出ました。

さらに、電気代を払い続けても支出していくだけで、得られるものは電気。

一方、蓄電池ならば、

「停電時にも使える安心」

「変動する電気代に左右されない」

という付加価値をプラスして得ることができるのです。

蓄電池の金額は、見た目には「高い」ですが

得られる付加価値が大きく、長い目で見たとき必ず得をできる物です。

蓄電池・太陽光発電ともにリースのご用命も承っております!

ご検討されている方、一度見送られた方、ぜひお気軽にご相談ください。

太陽光発電豆知識

フルハーネス講習

2019.7.17

7月17日(水)

晴れ間がなかなか見えず梅雨明けもなかなか見えてきませんね(^^;)

晴耕雨読。雨の日は知識を究めましょう!

 

斎藤さん、何を読んでるんでしょう…

「フルハーネス型墜落制止用器具の知識」
タイトルが長いけど、
ものすごーーーーく大事な知識です!
 
これまでは、安全帯は腰袋というベルト状の物についていましたが、今後は下の
写真ような全身に取り付ける「フルハーネス」という安全器具の着用が今後、義務付けられるようになります。
弊社含め高所作業が多い工事店さんには、マストアイテムになります。
 
今後の屋根上での設置工事の際に、着用して工事します!
 
が!!私たちがフルハーネス着用しても
それで安全ではありません!
 
足場」です。コスト削減のために足場がない現場
それでは安全帯がかけられませんし、落下事故に直結する原因になります。
 
足場の提案がない会社、足場代を削って値下げする会社には要注意です。ご自宅で人が大けがした、亡くなったなどそんな悲しいことはありません。
 
でも、そんな悲しい事故が事実として、全国で発生しています。
安全第一。そのための足場、フルハーネスであることを
お客様にもご理解の上、ご注文いただいております。
 
安全講習も欠かさず参加しております。
安心安全な設備をお届けするため、ご理解・ご協力の程
今後ともどうぞよろしくお願いいたします!

太陽光発電豆知識

京セラルーフレックス 

2019.6.18

6月18日(火)

2週間ぶりです!^^

今回は、発売開始から時間が経っていますが

改めて京セラのルーフレックスについてご紹介します!

(先日、自社工事を手伝ってきた際に撮影しました!)

他社パネルと何が違うかと言えば、大小4種類と台形2種類合わせて

計6種類のパネルがあるという点です!

 

これまで、長方形パネル1種類のみ

あるいは、多くとも大小2種類、台形2種類ずつの計4種類というのが主流でしたが、

そこに着目したのが京セラです

 

長方形でも小さいパネルを取り入れることで、より設置容量を増やすことができ

さらに複雑な屋根にも、スタイリッシュに設置することができるようになりました

「複雑な屋根で容量が載らない」

「載らないから元をとれないといわれて断念した」

といったご経験のある方、ぜひもう一度ご検討されてはいかがでしょうか?

現地調査、見積り、シミュレーションさせていただきますので、ぜひお気軽にお問い合わせください!

 

太陽光発電豆知識

うちの太陽光…成績は?

2019.6.4

6月4日(火)

設置者の皆さん、

こんな疑問を持ったことないですか?

太陽光発電。つけてみた。確かに電気代は削減しているけど

うちの発電量って多いの?少ないの?

シミュレーションではご覧いただいていたかもしれませんが

ここで改めて、発電量チェック!

まず発電状態の基準ですが

設置容量×1000=年間発電量基準値

以上の数式で計算してみてください。

例)4kw設置している場合であれば

4(kw)×1000=4000kwとなります。

 

次に発電実績をチェック!

発電量を見るには・・・

ご自宅に設置されているモニタで、月ごとの発電量を1年分

チェックしてみてください!

 

そして、その合計と先ほど計算した基準値を比較して

同等、もしくは高ければ、良好な発電状態といえます

低い場合は、なんらかの影がかかっている可能性や

機器の異常も考えられますので、一度ご相談いただければと思います!

太陽光発電豆知識

農業女子プロジェクト

2019.5.31

5月31日(金)

久しぶりの更新です!(^^;)

近年、農家さんからのお問い合わせも徐々に増えている

「ソーラーシェアリング」

田畑の上空にかかるような背の高い支柱を建て、

そのうえにパネルを設置して、発電し

①売電し農家さんの収益UP

②農業で使う機器で自家消費

といった使い方をするシステムになっています。

地球に優しい太陽光発電で、町や機械を動かすエネルギーをつくり

パネル下の田畑では、人を元気にする野菜をつくる

私たちのミッションとしている

「人・まち・地球を元気にする」

をまさに具現化しているといってもよいのが

このソーラーシェアリングです!

 

今年4月から、新入社員を迎え、

新入社員と共に弊社もNEW PROJECT開始です♪
「農業女子×ソーラーシェアリング」
金森さんは農業大学出身で、
農作業はお手の物、早速その力を
ソーラーシェアリング事業に
注いでもらっています!

今回は、お客様と共に

ソーラーシェアリング計画を

牧草を育てながら進めていきます!

太陽光発電豆知識

太陽光・蓄電池のリース始めました!

2019.3.19

3月19日(火)

3月10日付の三陸新報一面記事に掲載し、

目にされた方も多くいらっしゃるかもしれませんが…

太陽光・蓄電池貸します!!!

自分で所有するには責任や費用負担が大きすぎる…

といったお悩みの方にも導入のチャンスです

 

蓄電池は特に太陽光発電と違い

「売電」など「収入」「元を取る」という形で効果が見えづらく

初期投資が大きいというのが悩みの種の大多数ではないでしょうか?

 

しかし、今後は固定買取期間満了が目前に迫り

売電よりも買電の方が高くなってしまいます

「余った電気は売らずに貯めて使う」「いかに買電量を減らすか」

この2つが「電気代削減」のキーワードとなります

そこでやはり、「蓄電池」というのがマストアイテムとなる時代が

もうすぐそこまで迫っています

 

一度蓄電池をご検討された方も、

固定買取期間10年を満了しようとしている方も

「リース」という新たな蓄電池の利用方法をご検討してみませんか?

お気軽にお問い合わせください!

お問い合わせフォームはこちらから↓

資料請求・お問い合わせ

太陽光発電豆知識

【重要】2019年売電終了について

2018.10.27

10月27日(土)

昨日、いよいよ資源エネルギー庁のホームページに

来年11月以降に売電が終了する方々に対してのガイドラインが公開されました。

リンク:資源エネルギー庁「どうする?ソーラー」

概要としては、売電終了後は

①太陽光発電のみ、もしくは蓄電池設置やEV車を利用して自家消費

これは、私たちが太陽光発電の販売店がこれまで

数多くご提案してきた方法です。

昼間もおうちに在宅されている方であれば

太陽光だけでも、メリットはありますが

昼間は不在、電気は待機電力だけが消費されている場合

余っても売電ができないというのがネックになります。

 

②小売業者と買取契約して売電を継続する

電力自由化に伴い、東北電力などの電力会社ではなく

純民間企業の新電力会社が余った電気の買取を始めるようです。

まだ具体的な企業名はホームページ内には掲載されていませんが

今後、順次掲載されていくものと予想されます。

 

 

売電単価も、新電力によって変動が出てくるため、競争が起こり

ポイントやなんらかの商品などの特典がついたり

それらはないけど、抜群に買取単価が高かったりと

売り先の選択ができるようになるということでしょう

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

以上の2点が主な、売電期間満了後の太陽光発電の活用方法になります。

終わったとしても、発電がとまるわけではありませんので安心してください

注意書きにもある通り、「蓄電池の設置」「売電契約」をしないと

「損する」といったことはありませんので、セールスにも十分お気を付けください

 

不安な事がございましたら、お気軽にご相談ください!

蓄電池も取り扱いはございますが、ご相談いただいたからといって

押し売りは一切しません。

「地元のエネルギー相談所」として、アドバイスさせていただきます!

太陽光発電豆知識

現地調査中!

2018.9.21
9月21日(金)
遊休地の現地調査で回っております!

草木を分け入り、実は物凄く苦手なコオロギやバッタが顔に飛んできたり、
花粉症の元になる雑草が生い茂っていたりするのを見ると、
なんとも秋を感じます^^;


活用策を待っているお客様には、

「太陽光には良い物件です」あるいは
「太陽光には向かないので別の方法で考えていただいた方が良いです…」
など、正直にお伝えしています。

せっかく売っていただいたり、貸していただくので、ご紹介してくださった方に、最良の活用方法をご検討いただきたいからです。

折込チラシを入れると、
土地活用に悩む地主さんというのは
やはり多くいらっしゃるようで
お問い合わせが非常に多いです

発電事業はもちろんですがその傍らで作物を育て、

食エネルギーも支えてくれる担い手にご紹介できたらなぁ
というのができると最高ですね!

(なかなか理想と現実のギャップはありますが…笑)

 

太陽光発電豆知識

土地募集・マッチング

2018.9.14

9月14日(金)

~遊休地募集・権利付き土地ご紹介について~

以前、「権利付き土地について」書きましたが、

今度は、「遊休地を貸したい・売りたい」

の順序をご紹介します。

折り込みチラシにて、このような遊休地募集中のチラシを

県内各地にて順次折り込ませていただいております

チラシでは不十分な点もございますので

簡単に、手順をご説明いたします。

 

 

①お問い合わせ時

お問い合わせいただく際、「土地を貸したい(または、売りたい)」など

次に「該当する土地の住所・地番」をお伝えください

利用可能か確認する必要があるため、地番をご準備いただいてから

お問い合わせいただきますよう、ご協力お願い申し上げます。

確認の結果が出次第、

再度ご連絡いたしますので、少々お時間をいただきます。

この時、土地貸し・売買の条件の概要をお伝えいたします。

 

 

 

②農業委員会などへ確認

ご提供いただいた土地が「農業振興地域」に指定されていないか確認します。

農地などの場合、農地転用(地目の変更)が不可能な場合があり、

その場合は、申し訳ございませんが、お断りさせていただきます。

 

 

 

③農地転用可能な場合

農地転用が可能、または農地以外の土地の場合は、

実際に現地調査に伺わせていただきます。

土地にかかる影や周辺環境を調査し、設計いたします。

事業に関してご説明もさせていただき

ご納得いただけましたら、

経済産業省の「事業認定申請」を行います。

 

 

 

④商品化・分譲

経産省の認定が下りましたら、

ようやく「売電権利付き太陽光発電用地」として、

施主様の募集を開始いたします。

現在の権利付き土地情報ページへの掲載を開始し、

太陽光発電設置希望のお客様とマッチングを行います。

 

 

以上が、土地貸し・売買までの大まかな流れです。

現在の売電単価18円(税抜)は、

今後の売電単価が下がっていく展望なので

貴重なプレミア価格の発電所となること必至です

この辺りについて、また後日書きますので

ご覧になってみてください

 

過去の権利付き土地についての記事

 

権利付き土地って?

太陽光発電豆知識

フェンスと看板つけなきゃダメ⁉

2018.9.11

9月11日(火)

~フェンスと看板つけなきゃダメよ~

経済産業省が、改正した固定買取法

通称FIT法

その中の一部、事業計画策定ガイドラインに

「発電事業者と保守点検者の連絡先etc…」の記載がある看板」

「容易に侵入できない安全な状態にするため柵」を設置すること

が義務付けられます!といった記載があります。

はて??????

 

国が言いたいのは

「あっちこっちに発電所が立っているけど、持ち主がわからないと何かあった時に手を付けられません!」

「事故が起きたとき、担当していた業者がわからないと手が付けられません!」

「フェンスがないと子どもが入ったりして危ないから、入れないようにして!」

要するに

乱立する太陽光発電を管理しきれなくなると危険なので

それぞれ発電所の安全管理を徹底してください!!!

ということです。

 

でもでも、

ただでさえ太陽光発電の設置で金がかかったんだ!

なんで、実費でフェンスだの看板だのつけなきゃいかんのだ!

きっとこんな風にお考えの方もいらっしゃると思いますし気持ちもわかります。

しかし、チェックを実施すると明言はされていませんが、

期限までにフェンス設置などシステムに是正がされていないことが発覚した場合

ピピーーーっ

認定取り消し!!!!

20年間の売電期間満了を待たずして、

買取をしてもらえなくなってしまうリスクがあります。

 

一発レッドカードということはありませんが

フェンスと看板の設置を行っていない場合

なんらかの指導が入り、それでも改善されない場合は

認定取り消しとなってしまいます…

そうなってしまう前に、一度、ご相談いただければと思います。

設置している近隣地域にとって、応援されるような発電事業とするためには、

安全であることが絶対条件なのです!

応援される発電所づくりのお手伝いをさせてください!

資料請求・お問い合わせ

資料請求やお問い合わせはこちら

お電話またはメールにてお気軽にお問合わせください。
0120-309-820
10:00〜18:00