TOP > スタッフブログ > 太陽光発電豆知識 > 2019年問題って?

2019年問題って?

スタッフブログ

太陽光発電豆知識

2019年問題って?

2018.8.29

8月29日(水)

~2019年問題ってなんだ?~

 

太陽光発電業界での現在のキーワードの一つに

「2019年問題」

というのがあります。太陽光発電のオーナーさんであれば

もしかしたら、施工店や販売店からこの文言の入ったDMなどが

届いているかもしれません。

問題問題っていうけど、

じゃあ、2019年問題って結局何なんだよ!!

もちろん新年を迎えると共に人類滅亡とか

そういった20年前の大予言的なものではありません

 

2019年11月

売電単価48円で開始した固定買取制度の

買取期間10年が満了

というご家庭が出てくるという事です。

売電単価48円→?円

まだ発表はされていませんが、

10円ぐらいかという予測されています

今年、新設の発電システムの売電単価は28円

少なくとも28円を下回ることは確実です。

 

例えば、これまで単価48円で

例えば固定買取終了後の売電単価が10円とした場合、

今10,000円売電していたら、約5分の1の

2,000円程度しか売電できなくなってしまう

ということです。

自家消費による削減効果はあるかもしれませんが、

昼間どれほど晴れても、お仕事などで外出されていることが

多いご家庭だと、発電量分の消費はできないと思います。

 

なので、そこでおすすめしているのが

蓄電池!!!!!!!

昼間の発電した電気を貯めておいて、帰ってきたら使いましょう!

というわけです。

2~3年前だと、かなり大きくて、値段も高くて、使い勝手も…

という状況でしたが、今は小型化に成功し、価格もだいぶお安くなってきています

当然ですが、非常電源にも使うことができます。

異常気象による自然災害も多い昨今、保険のような感覚で

導入される方も多いようです

「2019年問題」が来年に控えた今だからこそ、

現行の蓄電池をチェックしてみませんか?

ぜひお気軽にご質問、ご相談ください

資料請求・お問い合わせ

資料請求やお問い合わせはこちら

お電話またはメールにてお気軽にお問合わせください。
0120-309-820
10:00〜18:00
メールでお問い合わせ